総量規制内でキャッシング!オーバーした場合はどうなるの?

消費者金融や信販会社、クレジット会社といった銀行以外でのキャッシングは総量規制により年収の3分の1を越えない貸付に制限されていますが、これをオーバーしてしまうことはあるのでしょうか。

またオーバーしてしまった場合は、どうなってしまうのでしょうか。

 

総量規制をオーバーしてもキャッシングは可能か?

総量規制によって貸付を制限されたうえでキャッシングを行う場合は、基本的に総量規制内、つまり審査の際に申告した3分の1以内でしか利用できません。

業者側は信用情報を通して利用者の状況をリアルタイムで把握しているので、ごまかして総量規制をオーバーするということは基本的にはありません。

たとえば年収300万円の方であれば、総量規制の3分の1の計算により100万円まで借りられることになり、その金額内で安全にキャッシングを利用しましょうとなります。

 

それでもオーバーしてしまう例外もあります。

それは収入証明書の提出が不要となる借入額50万円までの借入の場合です。

アルバイトやパートで収入が極端に少ない人の場合は、この方法によって実際には該当するはずの総量規制をオーバーしてキャッシングすることもできてしまうのです。

 

また他にも、確定申告書を収入証明に使う場合、確定申告を実際の収入よりも多く申告していたら、実際の総量規制をオーバーしたキャッシングが可能となります。

 

上記のような方法で総量規制をオーバーしてしまった場合はどうなるかについてですが、もし業者に年収をごまかしていたことがバレてしまったら信用問題に関わって融資を停止される恐れがあります。

また法的トラブルにも巻き込まれてしまう可能性がありますし、通常の利用にて上限融資に達したりオーバーしてしまった方がそれ以上のキャッシングをするには、年収を上げるか借金を減らさない限りは追加借入ができません。

 

基本的には総量規制をオーバーしても普通にキャッシングできるということはありません。

またごまかしてキャッシングを行うことは大きなリスクを伴う行為なので、絶対にやめましょう。

 

 最短、即日で融資が可能なキャッシング、カードローン探し

→トップページのキャッシング即日で紹介していますので、参考にして下さい。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す