キャッシングの郵送物がこないように、ハガキを止めて安心して利用しましょう。

家族を心配させないようにと思いながら、お金を借りている事を秘密にしている方もいらっしゃいますが、業者からの郵便物が届いてバレてしまうという失敗もあるようです。

そんな失敗もないように、郵便物が届かないようにしっかり止めるようにして、安心してキャッシングを利用しましょう。

 

キャッシング利用で届くハガキを止めるには?

キャッシングの契約を済ませた後に金融会社から送られてくる郵便物にはいろいろなケースがあります。

融資を受けたり返済したときの利用明細、支払いに遅れが生じるといった利用トラブル時の連絡通知、その他、業者によって定期的に送付することもあります。

形式はハガキとは限りません。

 

また大手業者の場合は特にキャッシング業者からの通知であることが分からないような形で送られてきます。

ですので受取人がご家族の方であってもすぐにキャッシングとは分からないようになっています。

 

キャッシングを内密にしたいという方は今に増えたわけではなく、昔から気にされる方は多かったようですね。

業者側も気を使ってハガキなどの郵便物を送るようにしていますが、受取人が中身を調べてしまえば金融関係の郵送物と分かってしまいます。

 

また、ハガキの差出人名を検索されてしまえば、それでもキャッシング関係と分かってしまいます。

やはり、郵便物での発覚を避けるには、ハガキなどが届くことを止めるに越したことはありません。

キャッシング業者からの郵送物を止めるには、利用業者に問い合わせてハガキでの通知を止める設定にしてもらえば可能です。

 

利用明細は必至ですが、郵送物でなくとも今はWEB明細も普及しています

ただし、業者によっては止めることができない通知や連絡用の郵送物が届けられることもありますので、注意しましょう。

 

利用業者がハガキ等郵便物を止めることができるかどうかは、利用前にあらかじめ調べておくとよいでしょう。

秘密を守ってキャッシングを利用したい方は、ハガキを止めることができるかといった、細かいポイントも注意して金融会社を選びましょう。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す