キャッシング 審査基準

キャッシングは申し込めば誰でも確実に利用できるサービスではありません。

審査基準があり、それに通らなければ利用はできません。

またキャッシングの使い方によっては住宅ローンの審査基準に影響が出ることもあるので、注意した利用が求められます。

 

キャッシングの審査基準と住宅ローンへの影響

まずはキャッシングの基準とは、具体的にどんな内容について見られるのかをご案内します。

 

先に審査基準を列挙しますと、「属性、信用情報、書類、在籍確認」といったことについて調べられます。

  • 属性審査とは、利用希望者の年齢や収入、家族構成や勤務先といった情報で、これによって基本的な基準になる返済能力の有無をチェックします。
  • 信用情報審査は、過去から現在に至るまでのローンやクレジットカードの利用履歴、返済を滞らせるなどの事故情報はないかを見ます。
  • 書類審査は免許証による本人確認や源泉徴収書による収入確認で、在籍審査は正しく勤務先に在籍しているかの確認です。

以上の4点の審査基準クリアが、基本的なキャッシング利用の条件となります。

 

 

住宅ローンの審査基準 キャッシングやカードローンは関係あるの?

次に、キャッシングを利用していると住宅ローンの基準に影響が出てしまう理由をご説明します。

なぜ住宅ローンに影響が出る心配があるかというと、信用情報に傷がつく恐れがあるためです。

 

信用情報は上記で説明しました内容となります。

住宅ローンの際にもこれについて入念に調査が行われ、キャッシングの利用履歴から高額で長期となる住宅ローンの支払い能力が本当にあるかをチェックします。

 

最も注意すべきことが、「事故情報(異動情報)」についてです。

キャッシングを利用していて延滞や債務整理、強制解約などの事故を起こしてしまうと、信用情報に傷がついてしまいます。

 

信用情報に傷を残してしまうと、住宅ローンが通らなくなる、難しくなるという状態に陥ってしまいます。

キャッシングを利用していたら住宅ローンを組めないということはありません。

ですが審査基準の仕方によっては影響が出てしまう場合もあるため、気をつけて利用することに越したことはありません。

 

 一緒に読まれています。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す