キャッシング 審査 嘘

キャッシングの審査落ちを恐れて嘘の申告をしようかと考えてしまう方も中にはいるのですが、絶対にやめてください。

虚偽の申告が審査落ちを防ぐ裏技になるわけでもなければ、もし嘘で通ったとしても、ばれてしまったときに大きなリスクが生じます。

 

キャッシングの審査落ちが心配でも嘘は危険

キャッシングは明確な審査基準によって決定し、貸付側が利用者の返済能力と信用に問題があると判断することでおこります。

もしキャッシングが利用できても返済能力に問題があれば、貸付側にリスクがあることはもちろん、利用者も返済に困りトラブルを引き起こしかねません。

つまりは審査落ちというのは、キャッシングを利用してお互いにトラブルが生じることを前もって防ぐための安全策ともいえます。

 

利用者の返済能力は審査情報によって決定します。

ですのでこの事実を捻じ曲げて嘘の情報を提供、たとえば年収が300万円であるのに600万円と伝えれば、審査基準は緩くなるのでは?と単純には考えられるでしょう。

しかし貸付側は利用者について属性、信用情報によって入念な調査を行い、裏付けとして書類確認や在籍確認も行います。

よって虚偽の収入はもちろん、年齢や家族構成、勤務先や勤続年数、過去のキャッシングやローンの事故履歴もごまかすことはできません。

 

嘘をついて審査を受けてもばれてしまいますし、それどころか大きなリスクが生じます。

もし嘘がばれた時点で、もし正しい情報で審査を受けていれば合格だったとしても結果、キャッシングは無効になってしまいます。

 

嘘でキャッシング審査がもし通ってしまったとしても、後になってばれれば利用停止や強制解約、利用金の一斉返済を求められることになります。

また書類を偽造してまで嘘の情報を提出すれば、「公的文書偽造罪」、「私文書偽造罪」に問われかねませんし、身分を偽ってキャッシングを利用してしまえば詐欺罪となります。

 

審査落ちを防ぐための嘘はいかにリスクが高いものであるかが、よく分かっていただけたことかと思います。
何事も嘘は自分自身を追い込むだけの損にしかなりません。

正々堂々とキャッシングの審査に臨みましょう。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す