キャッシング即日で融資を受けるのに、中小なのか大手消費者金融、どっちが良いの?

消費者金融

キャッシングを初めて利用する際、また最短即日で融資を受けたい場合で、時間が無い場合は、複数の消費者金融から吟味して選ぶ時間は、多く取れません。

それよりも、どこにするかを即断して、早速審査に進めていかないと、時間が勿体ないですし、何より即日融資を受けられない危険性もはらんでいます。

ここでは、即日融資をキャッシングで受けるために、中小消費者金融や大手消費者金融という括りで考えるのではなく、「実益を考えた行動を取り、即日融資の確率を高める方法」について、情報をまとめたいと思います。

 

大手も中小も、新規契約での契約条件に大きな差異は無し

s_fat05_a貸金業法と呼ばれる、消費者金融の業務を制限する法律が施工されたのが、平成22年6月18日の事なのですが、この法律改正で大きな変更点として

  • グレーゾーン金利と呼ばれる金利は廃止され、利息制限法に上限金利が揃えられた。
  • 総量規制と呼ばれる貸付上限があるため、年収の3分の1以上の借入は原則出来ない。

これら2つが挙げられるのですが、貸金業者は営業するためには、必ず「営業の許可を取り、登録する必要があり」、法律を遵守しなければ営業停止や取り消し処分を受けます。

そのため、大手の消費者金融であっても、中小の消費者金融であっても、大きく契約条件に差が出るわけでもありません。

 

差が出るとすれば、契約後のサービス

では、大手と中小の消費者金融で差が出るとすれば何か?という事を考えた場合、一番大きな差が出るのが「サービスの差」になります。

例えば、大手の消費者金融だと

  • コンビニや銀行など、自社ATM以外の提携先が豊富で、融資や返済が出来る。
  • 無人契約機の店舗数が多く、自社ATMも多い。
  • 借入実績により、契約内容の見直しで限度額の増額だったり、利率の見直し(低金利で利用)も出来る可能性がある。

これらのサービスが期待出来ますので、大手消費者金融で審査を受けるメリットはあります。

 

銀行系カードローンの登場で、サービス格差が

消費者金融の中で、大手の消費者金融の強みを紹介してきたのですが、最近では消費者金融が保証会社となり、銀行でカードローンを取り扱う「銀行系カードローン」が登場し、消費者金融よりも低金利、限度額も大きく総量規制の対象外といった、魅力的な商品も出てきています。

ただし、消費者金融と比べて(特に大手の消費者金融会社)、審査時間に難があり、少々時間がかかるところがありますので、「スピード重視の場合は、消費者金融が間違いない」と思っても良いです。

 

プロミス 自動契約機

こちらの画像は、消費者金融プロミスの自動契約機の扉なのですが、プロミスと三井住友銀行の両方の契約機を備えています。

三井住友銀行のカードローンが、いわゆる銀行系カードローンなのですが、営業時間は9:00~21:00(※契約機により営業時間、休日が異なります)までという事で、プロミスより1時間短いです。

消費者金融でも銀行系カードローンでも、審査を受け、融資実行前に契約書面の締結だったり、カードを発行したりの手続きもありますので、その点を考慮すると、なるべく時間が長く取ってある方が、即日融資を受けられる可能性が広がりますので、時間がない方、すぐにでも借入したいという方は、消費者金融をチョイスしましょう。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す