キャッシング 即日で融資を受けるのに、審査が甘いなんてとんでも無い話です

消費者金融や銀行系カードローンで提供されるサービスとして、キャッシングやカードローンがありますが、それぞれの融資は、「最短即日」で完了します。

一見、即日で融資が受けられ、無担保で無保証(保証人無し)と聞くと、「審査が甘いのか?」と思われがちですが、それはとんでも無い誤解です。

実は、キャッシングの審査というのは、住宅ローンやクレジットカードなどの審査と同じく、一定以上の厳しい審査を経て、審査に通らない限りは、利用が出来ないようになっています。

言い換えれば、「信用がある人のみ、キャッシングの利用が出来る」わけです。

ここでは、消費者金融から信用を得て、キャッシングを即日で利用するためにはどうすればよいか??について、確認していきたいと思います。

 

キャッシングを最短即日で受けるためのポイント3選

s_fat05_b ポイント1 信用されるに値する情報提供をしましょう。

まずひとつ目ですが、消費者金融や銀行に信用されるために、「正確な情報提供」、「必要書類を揃える」事を意識しましょう。

消費者金融では、本人かどうかの確認、本人に関する情報は、基本的に「法定本人確認書類」と「本人からのヒアリング」のみで判断しています。

本人のヒアリングは、無人契約機やインターネット上で入力した内容によって判断しますが、内容に不備があったり、適当な回答をしていると、金融機関からすると「信用できない」と判断されかねません。

また、本人確認書類や収入証明書など、消費者金融から必要な書類の提示を求められますが、必要書類はできるだけ揃えて提出する方が、信用度はアップします。

 

s_fat05_b ポイント2 借入が無理なものでは無いか、消費者金融は一発で判ります。

消費者金融では、「信用情報」と呼ばれる、個人の借入情報を、指定信用情報機関から照会する事が出来ます。

(=勝手に照会するのは出来ませんので、審査に必要な同意を取り付けた上でとなります。)

信用情報の結果は絶対でありますので、例え借入の申告を少なくして伝えたとしても、消費者金融ではバレバレです。

逆に、あまりに申告と信用情報にギャップがある場合、信用を落とす結果になりますので、きちんと申告し、正々堂々と審査を受ける方が、良いでしょう。

 

s_fat05_b ポイント3 時間には余裕を持って、早めに手続を

消費者金融の広告を見ると、「24時間申し込み可」となっていますが、あくまで申し込みのみであって、時間外の申し込みは、本審査は翌営業日となります。

また、銀行振込みで融資を受けたい場合は、間に銀行を挟む事になりますので、銀行の営業時間内でなければ、振込は翌営業日となってしまいます。

土日などを挟むケースでは、月曜日まで融資を待たされるという事もありますので、お急ぎの場合には、振込以外での融資方法を考える必要があります。

これらのデメリットを解消するために、出来れば「申し込みは午前中に終わらせる」のがベストです。

 

l1-fl03-5キャッシングの審査は、申し込み順に順次行われるのと、インターネット、店頭窓口、電話、無人契約機などいかなる方法であっても、審査結果は同じという事を考えれば、ネットで午前中に申し込みし、審査結果の判断を確認の上、契約手続きをネットでするか、無人契約機など来店してするかを決めるのが、一番時間を上手に活用出来る方法です。

 

キャッシングの審査は甘くない!キャッシングの審査に通るための3選まとめ

キャッシングは、審査が必要だという事を紹介し、キャッシングの審査に通るために必要な3つの情報提供をしましたが、いかがでしょうか?

急ぎで融資までこぎつけたい場合、言葉は悪いですが、「金融機関の求める行動を取り、迅速に対応してもらう」のが、一番てっとり早い方法です。

是非、キャッシングを即日で受けられますよう、当サイトの情報がお役に立てれば幸いです。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す