キャッシング ブラックリスト

キャッシングはきちんと返済しないと、情報機関にブラックリストとして認識してしまいます。

また近年は生活保護者が目立つようになり、お金に困ってキャッシングを利用したく思うも、ブラックリストに該当して利用できないのではと不安に思う方も少なくないようです。

 

生活保護はキャッシングのブラックリストに該当するのか

まずキャッシングにおけるブラックリストについてですが、正確には「ブラック情報」となります。

利用者が金融機関からお金を借りたり、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだ場合に、関係情報は信用情報機関に登録されることになります。

ここには事故情報といい、返済を滞らせたり、破産したりといったトラブル情報も登録されます。

このような事故情報がブラック情報となり、すなわちは多くの方が口にするキャッシングのブラックリストになります。

 

ブラックリストに載ってしまったからといって、基本的な日常生活が危険に陥ることはありません。

職場に知られて解雇されたり、家族に知られて迷惑がかかったりすることもなければ、住居の強制退去、資産の差し押さえなどもありません。

 

ブラックリストに乗ることで影響を受けてしまうのは、新たに借入ができなくなったり、クレジットカードやETCカードを作れなくなったりといった、金融機関を利用する内容への制限です。

しかしこれも一生続くような厳しい制限ではなく、事故情報が一定期間を経て消滅すれば、再び利用できるようになります。

 

生活保護受給者はキャッシングできるの?

さて、近年は生活水準の低下が目立ち生活保護を受ける方々が増えており、生活保護者もキャッシングのブラックリスト対象者なのではと気になる人も少なくないようです。

残念ながら、生活保護を受けている方はブラックリスト云々以前にキャッシング審査に通ることはほとんどないようです。

 

裏技として生活保護を隠して審査を受ける方法もあるようですが、発覚した場合のリスクを考えると大変危険です。

ブラックリストはルールを守ってキャッシングを利用していれば気にする必要はありませんし、万が一該当してしまっても、一時的な制限です。

ただし生活保護者は基本的にはキャッシングは利用できないものと覚えておきましょう。

 

 一緒に読まれています。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す