キャッシング リボ払い 違い

キャッシングのリボ払いは、月々の返さなければいけないお金を固定化できるので便利ですが、利息のことを考えると返す額は高くなってしまいます。

利子のことを考えたら、余裕ができたら月々の返す額の増額や、一括できれば助かることと思いますが、これは可能なのでしょうか。

またクレジットにもあるリボ払いとキャッシングの違いはあるのでしょうか。

 

キャッシングのリボ払いでも一括返済は可能なの?

キャッシングの返す方法は一括払いが一般的ですが、毎月の金額を固定化してキャッシングの利用額分を支払っていくリボ払いもあります。

メリットは毎額が固定化しているので計画を立てやすく、安定して返済を進めていくことができる点です。

 

ただし返す金額には利子が生じるため、月々の返す金額が少なく長期になってしまうと、利子が高くなってしまうので注意が必要です。

なおキャッシングのリボ払いにも種類があり、元金定額方式は毎月の金額が一定ですが、元利定率方式では借入残高に応じてキャッシング返済額が調整されます。

 

キャッシングに対して月々の固定額での返済が基本となるリボ払いですが、

  • 収入が増えたので月々の金額を増額したい
  • まとまったお金が入ったので一括で返してしまいたい

という場合には返す金額の増額や一括返済も選択することも可能です。

最初に決めた月々の固定返済額に縛られてしまい、無理やり期間を長引かされてしまうということはありませんので、支払いに余裕ができたらリボ払いの消滅をどんどん先に進めることをおすすめします。

 

キャッシングとクレジットカードでリボ払いに違いはあるの?

キャッシングとクレジットのリボ払いとの違いについてですが、これはどちらも同じ仕組みとなっており違いはありません。

やはり月々の返す金額を固定化してプランを安定させられるメリットがありますが、期間が長期化することでの利子も増えてしまいます。

 

こちらも月々の返さなければいけない額を増やしたり一括返済も可能です。

リボ払いは無理のない金額で毎月安定して返済を行っていきたい方におすすめの方法です。

余裕ができたら増額、一括返済を利用すれば利子が増えすぎてしまうこともありません。

 

 一緒に読まれています。

 

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す