キャッシング 延滞

キャッシングの返済を延滞してしまうと、信用情報に悪影響がでてしまいます。

どうして悪影響となってしまうのか、またはどれくらい延滞してしまうと信用情報に関係してしまうのかをご説明しましょう。

 

キャッシングの延滞が信用情報に与える影響

予定の返済日を越えても返済が確認できないときはキャッシング業者に延滞とみなされ、まずはその旨を伝える通知と返済催促の連絡を受けます。

通常は郵便での連絡となりますが、電話連絡の場合もあります。

また返済が遅れてしまうと、遅れた返済日数の分だけ迷惑料が発生し、遅延損害金として利息が加算されてしまいます。

 

そして後のキャッシングの利用に大きな悪影響となりかねない信用情報に乗ってしまうことが大きなリスクとなります。

延滞情報は延滞したキャッシング業者内の記録として残るだけでなく、信用情報として各業者が共有する情報として残ります。

こうなってしまうと、新しくクレジットカードを作りたい、ローンを組みたいといったときに、返済が遅れた記録が原因で審査に通らなくなってしまいます。

 

 

キャッシングの延滞が1ヵ月を越えてしまったら?

キャッシングの返済日を1日でも過ぎてしまえば確実に延滞です。

ですが、1日過ぎてしまったらすぐに信用情報に記録され、いわゆるブラックリストに載ってしまうのかといえば、そうではありません。

たとえばやむを得ない理由で返すのが1ヵ月を越えてしまったとしても、信用情報に乗らずにすむこともあります。

 

目安としては、「3ヵ月は返済を滞納しなければブラックリストには乗らない」といわれています。

だからといって延滞を繰り返していても安心とは限りません。

1回、2回と数回であれば仕方ないと見逃してくれたり、やむを得ない事情があれば多くの業者が考慮をしてくれますが、3ヵ月さえ越えなければ大丈夫と送れる事を常習していたら信用を失い、キャッシングが利用できなくなって信用情報にも記録されてしまいます。

 

1ヵ月くらいなら、1回なら大丈夫、といった甘い考えは持たずに、キャッシングは一度も延滞が起こらないような利用を心がけましょう。

どうしても返済が遅れる場合は事前連絡をすることで、考慮が受けやすくなります。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す