キャッシングは低金利のカードを利用しよう!比較検討は必須です。

キャッシングはどこを利用しても損得は変わらないわけではありません。

業者それぞれには特徴があり、得意不得意もあります。

選ぶときは最低でも金利を入念に比較検討して、低金利で利用できるキャッシング会社を選択しましょう。

 

どのキャッシング業者が低金利かを比較する方法

低金利で利用したほうがよい理由は単純に低金利のほうが利子は少なくなり、返済額も少なくなるからです。

一定期間内の返済であれば無金利というサービスを除けば、基本的に低金利でキャッシングをしたほうがお得で、返済リスクも少ないと考えて差支えはありません。

どの業者が低金利かを比較検討するときの注意点としては、金利の設定幅をよく確認することです。

 

たとえば3~18%というように金利幅が設けてあり、利用者がどれくらいの金額をキャッシングするかによって、どれくらいの金利が設定されるかが決定します。

キャッシング金額が低いほど金利幅のうち大きい数字が適応され、金額が高いほど金利幅は小さい数字が適応されます。

借りる金額によって同じ業者でも金利は変化するのです。

 

また審査結果によっては信用情報の高さ、利用者の信頼能力の高さの評価によっても金利は変動します。

自分がどれくらいの金額をキャッシングしたいかによって、どの業者が自分にとって最も低金利かは変わってきます。

 

たとえば3万円を借入したいとなったとき、Aの業者では3~15%に金利幅が設定されており、Bの業者では2%~18%に幅が設定されていたとします。

最低ではBの業者のほうが低いのですが、借入金額が低い場合は幅の大きい数字が重要となります。

よって、この例の場合は幅の大きいほうの数字を参考にして、どちらのほうが低金利かを見極めます。

 

基本的にはキャッシング金額が大きく金利を上下すると覚えておきましょう。

もちろん低金利だけが業者のすべてではありません。

一般的には低金利ほどキャッシングの審査は厳しくなりますので、自身が審査に通るかどうかも気にして会社を選ぶ必要もあります。

それでも最初から諦めて金利の高いところをチョイスするのではなく、少しでも条件の良いキャッシング業者を選択するのは、いざキャッシングをしようと思った時に、金利負担を軽くする事ができます。

 

金利は、

利用金額(元金)×実質年率÷365日×利用日数

で計算する事ができます。

 

そのため、

  • 元金が多ければ多いほど、負担は増加します。
  • 年率は率が高ければ高いほど、負担は増加します。
  • 利用日数は長ければ長いほど、負担は増加します。

ので、少しでも金利負担を軽減したい場合であれば、「短気サイクルで、年率の低いキャッシングを利用する」のが一番です。

 

当サイトでは、トップページで最短即日からキャッシングができる業者をランキングにまとめ、なるべく低金利で比較しやすいように随時更新中ですので、参考にして頂ければと思います。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す