銀行系キャッシングは即日融資できる?総量規制や住宅ローンとの関係など気になる情報をまとめました。

銀行系カードローンは、消費者金融と同じキャッシングサービスを提供していて、使い方などはほぼ変わりません。

しかし、消費者金融で借入するのに、

総量規制による借入制限がある。

住宅ローンが組めなくなる可能性がある。

など、同じ借金をするという点では、消費者金融で借入するのと同じように、デメリットもあるのでは無いか?

と不安に感じる方も多いですが、実際のところはどうなのでしょうか?

ここでは、銀行系カードローンに関するまとめてとして、即日で審査、融資が出来るのか?総量規制や住宅ローンとの関係について、まとめていきます。

 

銀行系キャッシングは、即日で審査と融資が可能なの??

まず最初に、銀行系キャッシングの審査ですが、消費者金融と同じく「最短即日で完了」、「最短即日で融資が可」となっています。

理由は簡単で、銀行系キャッシングやカードローンと言っても、中身は「消費者金融が審査を行っているのと一緒」だからです。

 

銀行系カードローンは、消費者金融が保証業務を受けている

消費者金融は、独自のノウハウを持ち、無担保、無保証のキャッシングサービスというハイリスクな融資であっても、リスクを下げて融資をしています。

しかし、銀行というところは、自行内でハイリスクの融資を行えるノウハウを持ち合わせておらず、これからノウハウを蓄積していくにも時間をかけるわけにはいかない事情もあって、「消費者金融がバックで保証契約をして与信を行う」というスタイルを取っています。

つまり、銀行の名前でキャッシングやカードローンのサービスは売り出してはいても、保証会社に消費者金融がいて、長期間入金がされていないような事態になると、保証会社が責任を取る(支払いを代理で行う)ようになっています。

=この権利の事を「求償権」と呼んだりしますが、消費者金融が立て替えた分は、債権譲渡されて、以後は消費者金融で債権管理がされる、つまり消費者金融から取立される事もあるという事です。

 

このようにして、リスクを軽減して銀行ではキャッシングやカードローンの融資を行っていて、「審査スピードも消費者金融並の速さ」なので、最短即日で融資を行う事も出来るのです。

 

銀行系のキャッシング 総量規制の影響は??

続いて、銀行系のキャッシングやカードローンですが、消費者金融とは違い、貸金業法の影響を受ける事はありませんので、「総量規制の影響は受けません」ので、年収の3分の1を超える融資を行う事も可能です。

もちろん、誰でも貸せるからといって、いくらでも貸付するわけでも無く、あくまで法律上は総量規制の影響は受けない。

というだけです。

総量規制の影響を受けないからと言って、過剰な融資を受けることの無いように、節度ある、計画的な融資を受けられるようにして頂ければと思います。

 

 

銀行系のキャッシング 住宅ローンは組めなくなるの?

続いて、銀行系のキャッシングやカードローンは、住宅ローンの審査に影響をあたえるのか??という点ですが、どちらかと言えば「与える可能性はある」と言えます。

ただし、消費者金融よりも審査が厳しく、言葉は不適切ですが「属性の良い顧客を囲い込みしたい」のが、銀行系カードローンの狙いです。

消費者金融の層よりも上のいわゆるロイヤル層と言われる方が、どんどん申込してほしいわけで、今後は、住宅ローンをはじめとする金融サービスの売り込みもしていきたいわけです。

そう考えると、消費者金融で利用されるよりも、銀行系カードローンを使っている方が、属性的に良いと考えたり、囲い込みを図りたいと思うところもあり、住宅ローンの審査の影響が減る可能性はあります。

 

ただし、いくら銀行系カードローンであっても、年収に対して借入が多いと判断されれば、消費者金融で利用している方と同じく、「リスクの高い融資」と判断されかねませんので、そのん点は気をつけた方が良いでしょう。

 

0fccd32fe997aa5e0249e73033ba4496_s

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す