キャッシングアロー 審査に必要な書類は?口コミや評判、総量規制との関係について

中小消費者金融として人気の高いキャッシング会社のアロー。

ここでは、審査に必要な書類、口コミや評判、総量規制との関係など、アローでこれから借入を検討している方の参考になる情報をまとめていきます。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

キャッシングアロー とは?

アローは、愛知県で消費者金融業を営んでいるのですが、登録番号 愛知県知事(3)第04195号 日本貸金業協会会員 第005786号から見る通り、愛知県以外で店舗を見る事はありませんので、認知度はそこまで無いかもしれません。

それでも、登録番号は3回更新しているところからみても、2016年現在で9年は貸金業を営んでいる事になりますので、十分な実績があります。

 

キャッシングアロー 必要書類

そんなアローですが、必要書類は基本的に多くの消費者金融会社と変わる事はありませんので、大きく分けると

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

のいずれかになります。

本人確認書類は、犯罪収益移転防止法が改正された関係で、顔写真入りのモノが必須となりましたので、免許証がなければパスポートやマイナンバーカードなどになります。

保険証だけでは審査書類として必要要件を満たさない可能性もありますので、詳しくはアローに申込時に確認した方が良いでしょう。

キャッシングアロー 審査

次に審査ですが、アローでは「フリープラン」と呼ばれる商品で、一般的な貸金業者のフリーキャッシングやフリーローンといった商品と変わりはありません。

利用使途は自由で融資限度額は200万まで審査が出来ます。

実質的な年率は、15.00%~19.94%となります。

担保や保証人は原則不要なので、審査時間は45分程度と大手の消費者金融と比較しても遅くないスピーディーな審査が期待出来ます。

 

その他にも、「貸金業法に基づく借換ローン」と呼ばれる、いわゆるおまとめローン(借り換えローン)もあるのですが、限度額は200万までですし、15.00%~19.94%の金利帯という事で、あまりメリットを感じないかもしれません。

 

キャッシングアロー 総量規制

当然の事ながら、アローは通常の貸金業者と同じですので、総量規制の対象となってしまうのですが、対象範囲はフリープランのみです。

先ほど紹介した、貸金業法に基づく借換ローンについては、総量規制の対象外となっているので、借り換えを検討したい方は相談する事も可能です。

 

キャッシングアロー 口コミや評判は?

ところで実際のキャッシングアローを利用している方の口コミや評判はどうなの??という点は、これからアローに申し込みするか、それとも他の金融業者へ相談するかを検討するのに、大事な材料となります。

ここでは、アローの口コミや評判を実際のキャッシング体験談から確認してみたいと思います。

 

キャッシングできるまでの道のり

私は思いがけない自家用車の故障により、何か早急に現金を作る方法を考え、調べました。

すると、近所にアローの窓口があったことを思い出し、主人へ相談。

主人だけには、アローの利用を知らせております。

まず、ネットや看板広告に記載されている連絡先に電話をしました。

金利や返済期限などの規約を詳しく説明され、シミュレーションとして、いくら借り入れをしたら、いくらを何日までに返済という金額に応じた返済金額と、返済日を例えて説明がありました。

 

そして名前、生年月日、住所を聞かれ、住居は持ち家か借家かを問われ、毎月の家賃の支払いが有るか無いかも聞かれました。

私の場合、持ち家で毎月の支払いはなかったので、その通りに答えました。

居住人数や、配偶者の有無も聞かれました。

 

次に仕事状況です。

勤務先の会社名、連絡先、住所を聞かれました。この時、ネット上で実在する会社か確認しているようでした。

実在することの確認ができると、社員数と自分の仕事内容を簡単に聞かれました。

勤続年数、年収を聞かれて仕事状況については終わりました。

そして、他社からの借入金の有無、有れば毎月の返済額も聞かれて電話受付は終了です。

 

約15分くらいの電話でした。伝える内容によっては20~30分かかってしまうかもしれません。

審査結果は後程連絡します、と言われ一度電話を切りました。その間にアロー側から私の勤務先に在籍確認の連絡があったようです。

当時その連絡を受けた勤務先の先輩に聞くと、個人名で○○(私の名前)さんはご在籍していますか?という内容だったようです。

その日私は休日だったので、先輩は「うちの社員ですが、本日お休みを頂いております」と言ったところ、わかりましたと切電したそうです。

 

最初の申し込みの電話を切って30分後くらいに、アローから私の携帯に着信がありました。

審査結果についてです。

「今回、○○万円までご利用可能です。」と審査に通ったことと限度額を伝えられ、運転免許証、健康保険証を持って窓口に行くように伝えられました。

言われた通りに必要書類を持ち、窓口に行くと、モニターと電話での指示があります。

本人確認のために、その場で携帯に着信もありました。契約機から契約書が発行され、署名して書類の読み取りを終えると、運転免許証、健康保険証の読み取りも指示されました。

 

手続きは窓口に入って20~30分程で、最後にカードが発行され、その後すぐにキャッシングできるようになりました。

今回は他社での借り入れが2件、150万円あったのですが、無事に契約できました。

 

しかし、一般的な会社員で、借り入れの限度額は200万円ほどではないかと思います。

アローで3社目の契約だったのですが、4社目はどこも審査に通りませんでした。

私の場合、主人には最初から申告していたのですが、私の携帯以外に連絡があるわけではないし、書類は自宅に送らないように伝えておけば、同居家族にもバレずに借り入れ可能でした。

返済が遅れたりした時は別でしょうけど、遅れて迷惑をかける事のないようにするのはもちろんですし、何より家族に心配をかけないようにしようと思っています。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す