プロミス 審査時間って長い?審査基準は開示されているの?

消費者金融大手のプロミスと言えば、消費者金融の中でも珍しく「30日間無利息」(はじめての方)の利用が出来ます。

※Eメールアドレスを登録、Web明細を利用される方に限ります。

30日間無利息のサービスは、他の金融会社でも見られるサービスなのですが、他の金融会社と違って、特筆すべき点としては、「初回出金の翌日から30日間」が、無利息となります。

他の会社では、契約日から30日となりますので、極端な話ですが、プロミスで契約してから1年間利用をせず、1年後に初めて利用をした場合でも、無利息サービスが利用出来たりします。

そんな便利なプロミスの審査について、ここではまとめていきたいと思います。

 

プロミス 審査時間は長いの?

プロミスの審査で最初に気になる「時間」についてですが、口コミや評判をチェックすると「審査時間を待つのが長い」という声もあります。

確かに、無人契約機の中で30分、1時間と時間が経過すれば、とても狭い部屋ですので、不安を煽られたり、気持ちも焦ってくるところがあります。

また、ネット申込でも30分ほどの時間が経過すれば、なるべく急いで審査して欲しい方からすると、「もう少し早く出来ないのか?」という気持ちになる事もあるでしょう。

しかし、実は審査時間が30分程度というのは、消費者金融の中でも「平均的な長さ」ですので、そこまで長いわけでは無いという事を知っておきましょう。

プロミス 審査の流れは?

プロミスの審査の申込方法は、

  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • 自動契約機
  • インターネット
  • 電話(フリーコール)
  • 郵送やFAX

といった方法があり、いずれかの方法で申込してから審査へと進む事になります。

審査では、自宅情報、勤務先情報など、審査に必要な情報をヒアリングしていき、自動与信システムによるスコアリングで、与信判断を行うとなっています。

参考 自動与信とは
コンピューターに属性情報を入力する事で、申込者の限度額を自動的に算出するシステムの事です。

 

プロミス 審査基準って分かるの?どこかで開示されているの?

続いて、プロミスの審査基準についてですが、どこかで開示されていたり、審査内容が分かるのか?という点ですが、実は外部に開示されていません。

よって、自動与信システムを導入していても、自動与信がどのような内容で判断されているかは、プロミスの社員さんでなければ分かりませんし、もちろんですが聞いても、教えてくれるようなものではありません。

 

ただし、全ての審査基準がブラックボックスの中というわけでは無く、ホームページの中でも記載されていますが、

  • 年齢は20歳以上69歳以下である方
  • 安定した収入がある方
    ※アルバイト、パートや主婦の方でも合致すればOK

と書かれていますし、法律上の問題で言えば「総量規制」に該当している場合は、審査落ちする事は考えられます。

大変!プロミスの審査落ち・・そんな時はどうすれば??

ここまでプロミスの審査の流れや審査基準を紹介してきましたが、頑張って申込をして審査を受けても、必ず審査に通るわけではありません。

審査落ちする事も、申込者の内容によってはあり得ます。

そんな審査落ちをした時はどうすれば良いか??ですが、レイクの審査についてでもまとめたとおり、簡単に別の金融会社に申込したり、果ては闇金やクレジットカードの現金化に申込をしたりする事は、絶対にオススメ出来ません!

それよりも、一度冷静になった上で、本当に融資が必要なものかどうか。

もう一度、考え直して頂きたいですし、消費者金融で融資を受けられても、その後の返済の事もある事は忘れないで頂ければと思います。

 

契約条件
限度額 1~500万円
年齢 20歳~69歳以下
実質年率 4.5~17.80%
WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

コメントを残す